• このエントリーをはてなブックマークに追加

ドックヤードガーデンが新型エンターテイメント施設へ

※写真は夜のDOCKYARD GARDEN

普段何気なく歩いているみなとみらい。そんなみなとみらいに今年2013年に開業20周年を迎える「国の重要文化財」があるのをみなさまはご存知ですか?その名も「DOCKYARD GARDEN(ドックヤードガーデン)」!この敷地内には、日本に現存する商船用石造りドックとしては、もっとも古い「旧横浜船渠第2号ドック」があります。このドックを後世に伝えるべき資産として、1993年に復元して生まれたのがこの「DOCKYARD GARDEN(ドックヤードガーデン)」です。そして、完成してからわずか4年後の1997年に国重要文化財に指定されました。現在では、イベントスペースやオープンテラスとして様々な方に利用されています。

そのDOCKYARD GARDENでは開業20周年を記念して、今年2013年の7月16日(火)に屋外では日本初の180度体感型「プロジェクションマッピング」、そして食のエンタテインメントゾーン「みらい横丁」がオープンします!「プロジェクションマッピング」とはかつて造船所のドックであった独特の形状を活かし、高さ約10メートル・横幅約29メートルの船型の石壁に沿って映像を投影することにより、その世界に入り込んだような感覚が味わえる最新の映像技術を利用した新型エンターテイメントです!


※様々なドイツビール
また地下1階・地下2階には飲食店街「みらい横丁」も同時にオープンします。「みらい横丁」では世界各国250種類以上のビールが味わえる『世界のビール博物館 横浜店』、お客様ご自身で、炭火の七輪で焼いた新鮮な鶏肉をふんだんに味わえる焼き鳥屋「をどり」などの12店舗が出店します!


※七輪で自分で焼けます

昼間は観光客や、買い物を楽しむ地元の方たちで盛り上がるみなとみらい。この昼間の賑やかさに加え、今までとはひと味ちがった楽しみがみなとみらいにできることになります!7月16日が待ち遠しいですね!早く行きたい!



YOKOHAMA Social Mediaライター Ryosuke Okuno
  • このエントリーをはてなブックマークに追加