• このエントリーをはてなブックマークに追加

御所台の井戸(保土ヶ谷区)


 


【Spot:御所台の井戸(保土ヶ谷区)】


保土ケ谷税務署脇から横浜清風高校(旧明倫高校)方面へ向かう、かなざわかまくら道途中の急な磐名坂を上ると、政子の井戸とも呼ばれる「御所台の井戸」が突然現れます。政子とは、源頼朝の妻で、頼朝の死後に実質的に将軍のしごとを行い尼将軍と呼ばれた北条政子のことです。この井戸の水を政子が化粧に使ったという言い伝えがあり、この一帯が政子の所領する土地だったのではないかという説もあります。


Along the narrow street Hodogaya tax office to Yokohama Seifu high school, you can suddenly find little water well called Masako’s water well.  Masako is a wife of Minamoto Yoritomo, who was a Shogun for feudal government.  After the death of her husband, she was in charge of Shogun.


 



 


江戸時代以降でも、天皇や将軍が保土ケ谷宿の軽部本陣に立ち寄ったときには、この井戸の水が料理に使われたそうですよ。


When Tenno and Shogun arrived around Yokohama, the water of this water well was used for cooking.


 



 


こちらの写真は御所台の井戸のすぐ近くにある「北向地蔵」があります。


あるとき、諸国巡礼の子連れの僧がこの地で日が暮れてしまい途方に暮れていました。すると提灯を掲げた老僧が現れ、二人を保土ヶ谷宿の「見光寺」に案内して泊めてあげたそうです。この老僧は「見光寺」の住職で、床につくと夢に地蔵菩薩が現れ「岩井ヶ原で親子の巡礼者が道に迷って困っているので助けに行ってあげなさい」と告げられたそうです。それを知った巡礼の僧は、地蔵に対する感謝と旅の安全を願う気持ちから、私財を出して「江戸の方向」北を向いたお地蔵様を建立したそうです。


巡礼の僧は「三誉伝入」といい、この地蔵は享保2(1717)年に建立されました。


 


その後、何かの理由でお地蔵様の向きを変えても、いつの間にか元の北向きに戻っていると言うので土地の人がいつの頃からか、これを「北向地蔵(江戸向地蔵)」と言うようになったとゆう由来があります。


 


横浜市地域有形民族文化財北向地蔵


横浜市保土ヶ谷区岩井町405番地


 


There is a Ksitigarbha which is stone statue around Masako’s water well.  Someday, there was a Buddhist monk making a pilgrimage who got lost their way with small kid. Suddenly one senior monk appeared to convey to Kenko-temple to stay for night. This senior monk was informed by god in dream that there was Buddhist monks getting lost near you, and to help them.  The monk and his kid were fortunately safe and he presented this Ksitigarbha in 1717.  There is a story about this Ksitigarbha that this faces north by itself even if someone changes its destination. From this story, this statue is called Kitamuki Jizo, which means “facing north direction” which is the direction to Tokyo.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加