• このエントリーをはてなブックマークに追加

橘樹神社(保土ヶ谷区)
Tachibana Shrine




 


【Spot:橘樹神社(保土ヶ谷区)】Tachibana Shrine


天王町駅ちかくにある橘樹神社の社名が天王町という地名の由来ってご存知でしたか?鎌倉時代初期の1186年。源頼朝公天下の平和を祈願し京都祇園社(現在の八坂神社)の御分霊を勧請奉祀したと伝えられています。祇園社、牛頭天王社、天王宮、橘樹社と社名が変わるなかで、天王宮から取って現在の地名ができたのです。The name of Tenno-cho station comes from Tachibana Shrine where just a few minutes walk from there. In 1186, Kyoto’s major Shrine, Gion-Shrine’s (Current Yasaka Shrine) share itself there, and it’s name had changed Gion-Shrine, Gyuto-Tenno-Shrine, Tenno-shrine, and Tachibana-shrine.


 



 


延宝6年霜月(1678年)に江戸から寄進されたという石盥盤などもあります。


Stone objects were dedicated from Edo.


 



 


第4土曜日には、「橘樹神社・天王町シルクロードアンティークバザール」が行われます。


Every 4th Saturday, Tachibana Shrine Silk-road antique bazar is opened.


 


橘樹神社


横浜市保土ケ谷区天王町1-8-12


橘樹神社・天王町シルクロードアンティークバザール申込みについて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加