• このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜港大さん橋が竣工120周年を記念して、120人による寄せ書初めを開催。連水氏が講師参加

2014年3月に鉄桟橋竣工120周年を迎える横浜港大さん橋国際客船ターミナルでは、120周年を記念してさまざまな催しが開催中。

■120周年特別記念パネル展開催中
これまで1期:船、2期:港、そして3期では歴史をコンセプトとしたパネル展を半年以上に渡り開催している。1期、2期のパネル展では、近隣博物館の「日本郵船歴史博物館」や「みなと博物館」などが所蔵する歴史的な写真を中心に展開。現在、展示されている3期では一般公募でお宝写真を募ったものを展示しており、昭和を中心に市民がフィルムにおさめた昔の大桟橋の写真など、博物館とは少々異なる形で港の歴史に触れることができる。みなさんにとってもどこか懐かしいような写真があるかもしれない。また観覧も無料で誰でも気軽に見られる内容となっている為、大さん橋で横浜の港の歴史に触れてみるのはいかがだろうか?


写真は同施設屋上から吊っている大バナー 

■120の寄せ書初め
2014年1月11日14:00~、大さん橋CIQプラザにて、参加者120名による寄せ書初めが開催される(先着制)。書道家の武田双雲氏に師事し師範も取得している「蓮水」氏を講師に迎え、大きさ3.6m幅の台紙に、参加者と一緒に寄せ書初めを行う。出来上がった作品は出入国ロビーに展示されるとのこと。参加費は無料で、先着120名の一般市民が今回の対象者。寄せ書き以外にも半紙に書いた自分の作品は持ち帰る事が出来る為、お子様のいらっしゃるご家庭など、正月らしい良い想い出の一頁を綴りに足をのばしてはいかがだろうか。

【イベント詳細】
日時:2014年1月11日(土)14:00―16:00
場所: 横浜港大さん橋国際客船ターミナル
横浜市中区海岸通1-1-4
http://www.osanbashi.com/
参加枠: 先着120名
費用 : 参加無料

横浜ソーシャルメディアライター Shinsuke OGAWA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加